WORDS
用語集

HOME >WORDS >フリークライミング

フリークライミング

道具(靴、チョーク及び安全確保のための道具を除く)を使用することなく自然又は人口の岩や壁を登攀する技術の実践。自然の岩を登るロッククライミングの下位概念。フリークライミングには、様々なカテゴリーが存在し、大きくは安全確保のためにロープを使用するルートクライミングと、ロープを使用しないボルダリングに分けられる。

 

ルートクライミングは、主に岩壁(多くは10m以上の高さ)を登るスタイルであり、登攀者であるクライマーと、ロープの操作を行うビレイヤーとで行われる。また、ルートクライミングには、ロープの支点を終了点に確保するトップロープクライミングと、クライマーが支点を確保しながら高度をあげていくリードクライミングと、安全確保を行わないフリーソロいうスタイルがある。一般的にルートはリードクライミングで登ることが想定されており、トップロープクライミングで登ってもルート攻略は認められない。トップロープクライミングは、主に初心者講習やムーブのリハーサルのために行われる。フリーソロは、失敗と死が直結している特殊なスタイルである。自己責任とはいえ、死亡事故はクライミングエリア丸ごと消失のリスクも高く少なくとも日本国内では一般的に是とされていない。

 

ボルダリングは、本来ボルダーと呼ばれる岩ころを登るスタイルが始まりであり、ルートクライミングと比較すると高さが無いためロープを使用しない。代わりに、近年は安全確保のために岩場でも携帯型のマット(ボルダリングマット、クラッシュパッド)を使用する。ボルダーの高さは一般的には4~5mまでとされる。この高さを超えるとハイボルダーと称され、落下時の危険度は相当高くなる。

 

これらとは別にクラッククライミングというスタイルがある。主に垂直方向に延在するクラックに沿って登るスタイルであり、形式的にはルートクライミングと同一であるが、安全確保のための支点の取り方が大きく異なる。通常のルートクライミングでは、ルート開拓時に岩に固定されたハンガーと呼ばれる金具を支点とする。このため、支点の信頼性は高く、支点の位置や数も決まっている。これに対してクラッククライミングは、ナチュラルプロテクションというスタイルで自然に存在するもの使って支点を作りながら登っていく。多くの場合は、ナッツやカムギアと呼ばれる道具をクラックに嵌め込んで支点を作る。支点の位置や数もクライマーが決めることになるためリスク管理が難しいばかりか、ハンガーと比較すると支点の信頼性もかなり低い。

 

他の分類でみると、特に近年、リスクをぎりぎりまで低減することによってより競技性を高めたスポーツクライミングというスタイルが確立されている。スポーツクライミングにおいては、リードクライミングやボルダリングでは難易度を競うのが一般的である。また、規定コースを登るスピードを競うスピードクライミングという競技もある。