WORDS
用語集

HOME >WORDS >クライミングシューズ

クライミングシューズ

フリークライミング専用のシューズ。靴底には滑り止めのパターン(溝)が無く、つま先と踵がラバーで覆われている。つま先が折れ曲がるタイトなサイズを着用する。履きっぱなしにしていると足が痛くなるので登る直前に履いて登り終わったらする脱ぐとよい。ロングのマルチピッチやビックウォールなどではクライミングシューズを履いている時間が長くなるため比較的緩いサイズを履く。

クロージャーシステムには、レースアップ、ベルクロや両者の特徴を組み合わせた独自システムなどが採用されている。クロージャーシステムを持たないスリッパ(スリップオン)タイプもある。スリッパタイプにクロージャーシステムを併用するシューズも多い。フィッティングを重視する場合はレースアップを、着脱の利便性を重視する場合はベルクロを選ぶとよい、、とされていたが、スタイルの多様化によりそう単純な話でもなくなった。近年ではトゥーフックを多用するためつま先を覆うラバー面積は拡大の一途を辿っている。

ターンイン:クライミングシューズはインサイドエッジ(内側)を使うことが基本であるため、多かれ少なかれつま先が内側に曲げられている。ターンインの程度は好みによる。

ダウントゥー:強傾斜の壁での引っかかりを強めるためにクライミングシューズのつま先が下がっている。近代クライミングにおいて強傾斜の重要性は増す一方であり、上級者用クライミングシューズの大半は強くダウントゥーしている。ダウントゥーが開始される位置も様々であり、つま先だけ下がっているものや土踏まず付近から下がっているものがある。逆にダウントゥーしていないものをフラットソールという。