TECHNIC
テクニック

HOME >TECHNIC >上半身をリラックスさせる

01

登ってみようの前に
here-we-go

上半身をリラックスさせる

2017/06/08 UpData

半身をリラックスさせるときに特に気を付けて欲しいのが肩周りの筋肉です。気が付けばすぐ肩が上がってきます。ホールドを保持する前に肩周りをを下げるような感じでリラックスさせて下さい。肩を一端ぐっと上げてストンと落とす動作を繰り返しても効果的だと思います。

先に述べたように肘が曲がっている=無駄な力を使っているということではありません。あまり良くないのは肘が少し曲がっている状態でじっとしていることくらいでしょうか。いずれにしても次のホールドを取りに行くタイミングで肘を曲げて身体を壁に引き付けるという動作は非常によく出てきますので無理に抑制する必要はありません。

次に気を付けて欲しいのはホールドの保持の仕方です。初心者の方は次の写真のようにホールドを握りしめてしまいがちです。これは無駄に握力を消耗してしまいます。とくにかく握力が無くなった!という方は握りすぎが原因です。

基本的にホールドは引っ掛けるように保持します。

1.ホールドをよく見て引っ掛けやすい方向を見つける。
2.ホールドに指を掛ける。
3.引っ掛けやすい方向に手を引っ張る。

3の手を引っ張るのは腕ではなく特に下半身で引きます。腰や股関節さらに膝を柔軟に使って身体ごと手を引っ張ります。このとき、上半身がリラックスしている方が下半身の動きがダイレクトに手に影響するためホールドを引っ掛けやすくなります。

 

ということで基本姿勢については大体お伝えしたので、いよいよ次回から身体の動かし方について解説していきます。

はじめに
01 ムーブ解体新書について