TECHNIC
テクニック

HOME >TECHNIC >下半身を安定させる

01

登ってみようの前に
here-we-go

下半身を安定させる

2017/06/07 UpData

半身を安定させることが重要であることは前回お伝えしましたが、どうすれば下半身が安定するのかよくわからないという大きな問題があります。
まず、体幹についてですが体幹を支えるインナーマッスルを鍛えるのが難しいことはよく知られていますし、簡単な方法論もそうそうないのかなと考えています。ちょっと時間がかかるかもしれませんが、地道に意識を集中させることかからはじめましょう。
一般的な筋トレと同様ですが作動させて箇所に意識を集中させることは重要です。まずは体幹に意識を集中して腰が引けないように頑張ってください。この辺のより具体的なイメージづくりは中級テクニックで紹介しようと思います。

ちょっと適当ですが体幹は頑張ってもらうとして、次は体幹を支える足の使い方について説明します。上半身がリラックスし、且つ、体幹が安定していれば体重は足元に向かってきます。しっかりと受け止め、さらに動きの起点となるようにしなければなりません。
クライミングシューズの基本的な使い方ですが、兎にも角にも、必ずつま先をホールドに載せるようにしてください。特に土踏まずをホールドに載せることは厳禁です。つま先にしっかりと体重をかけるため足首にも力入れます。他の載せ方は別の機会に説明しますが、まずはこのことをしっかりと身に沁みつかせることが重要です。

このように使うと次の効果を得ることができます。

1.一点集中で強い圧力がかかるため摩擦力が上がる(安定性)。
2.つま先を中心に回転させることでつま先の向きを容易に変えることができる(自由度)。
3.つま先立ちでリーチを稼ぐことができる(延伸性)。

こんなに都合のいいことは人生でもそうそうありませんね。

そして、クライミングにおいては様々な姿勢を取ります。まずは次に説明する「正対」という姿勢から習得してください。「正対」は仕様頻度が非常に高く重要です。「正対」はその名が示すように壁と正面で向き合うように対峙する姿勢です。内容はシンプルで次の一点です。

膝とつま先を外側に向けて立つ。

「正対」のコツは、腰が壁に近づくようにしっかりと股関節を開くことです。腰(重心)が壁に近づくことにより、足への加重をさらに増やすことができます。また、膝関節が横を向いているため、重心の横移動がし易いです。特に垂壁や緩い前傾壁でその効果を発揮します。

はじめに
01 ムーブ解体新書について