TECHNIC
テクニック

HOME >TECHNIC >使い方

01

ムーブ解体新書について
about

使い方

2017/06/01 UpData

クニックは、なるべく体系的に展開するようにしています。テクニックを体系的に理解することは、オブザベーション(課題にとりつく前に自己のイマジネーションにより予めムーブを組み立てること。)を行うときに便利です。ムーブを選択するときの一つの目安として使ってみてください。

 

ということで、テクニックを体系的にテクニックを理解することをお勧めしているのですが、実践する際には様々なテクニックを並列的に習得することをお勧めしています。まずは、いろんな動きを体験することが肝要です。もちろん効率よく体幹を鍛えることにも繋がります。

 

内容としてはそこそこ理屈っぽいことを記載しています。意味わからん!とか面倒くさい!という方は太文字のところだけ覚えてください。一つの記事を10秒くらいで終わります。あとで気になったら読み返えしてくださいね。ちょっぴり悲しいので。

 

それではお楽しみください!

はじめに
01 ムーブ解体新書について